お風呂の鏡の汚れはカルキが原因です。酸性の洗剤を使うと落ちます。頑固な場合はラップを使いましょう。入浴後に水滴を拭いたり、石鹸でコーティングすると汚れが付きにくくなります。

ウォータサーバーの飲み水ならメリットあります

お風呂の鏡の汚れの原因はカルキ!どうやって落とす?落とし方を伝授!

お風呂に入っている時に、ふと鏡を見て汚れていると思ったことはありませんか。

これは多くの人が感じていることです。

決して珍しいことではありませんし自然なことです。

ただ、汚れたままにしておくと、自分の姿を映す時によく見えなくなって困ります。

これは水道水に含まれているカルキが原因です。

効果的な落とし方を実践して綺麗にしましょう。

お風呂の鏡の汚れの落とし方は難しくない

お風呂の鏡

水道水に含まれているカルシウム、つまりカルキが原因でお風呂の鏡が汚れてしまいます。

水やお湯をたくさん使うので仕方がありません。

鏡についていると目立ちますが、お風呂の中であればどこも同じような汚れが付いています。

浴槽もそうですし、ガラス窓やタイルが貼ってある壁や床もそうです。

よく見てみるとカルキがこびりついていることがわかるでしょう。

カルキは酸性に弱いので、洗剤は酸性を選んで下さい。

お風呂掃除用の洗剤を選ぶ時には必ずチェックしましょう。

浴槽やガラスの表面に洗剤を吹き付けます。

そして、柔らかいスポンジでこすってみるとみるみる汚れが落ちていくはずです。

軽い汚れならばこれだけで十分対応できます。

問題は、頑固にこびりついてしまったカルキ汚れです。

これだけでは落ちないこともあります。

タイルの表面を見ると洗剤を使ったのにまだ汚れていることはありませんか。

壁や床は範囲も広いので普段から掃除をしていても汚れが落ち切らないところがあるかもしれません。

うろこ状の汚れには、酸性の洗剤を使った後にラップで覆います。

しばらく置いておくと綺麗に取れます。

あまりにも頑固な場合は一晩置いてみてください。

汚れが緩んだところで、木製のへらなどを使って取りましょう。

金属製は壁や床を傷つける恐れがあるのでやめたほうが良いです。

ざらつく場合は、クレンザーではなく重曹や歯磨き粉を付けて磨くと効果的です。

クレンザーを使うと表面に傷がつく恐れがあるので使わないようにしましょう。

洗剤をうまく活用するだけで、鏡や浴槽などをピカピカにできるので、試してみませんか。

汚れが付かないようにする工夫とは

お風呂の掃除

そもそもカルキ汚れが付かないようにすれば、掃除で苦労しなくて済みます。

鏡や浴槽、壁や床などについている汚れの原因は水道水です。

水道水に含まれているカルキを放置してしまうから、乾いた時にこびりついて取れにくくなってしまいます。

お風呂に入った後は、シャワーなどで水をかけてみてください。

お湯の状態では水滴が丸まりますが、水になると水滴が広がるからです。

また、水滴を放置しないでふき取ってしまうと良いでしょう。

水滴さえなければカルキが固まったりすることもありません。

入浴後はこれらを習慣にすると、お風呂を汚れから守ることができます。

また、コーティングしてしまうのも良いかもしれません。

掃除が終わったら、石鹸を鏡などに直接塗ります。

その後に乾拭きすると、石鹸の油膜が残ってカルキがこびりつくのを防げます。

石鹸だけではなく、車を持っているのならば車のコーティング剤を使うのも良いです。

ジャガイモのでんぷんも効果的ですがジャガイモを使うのはもったいないので、皮をこすりつけてみませんか。

でんぷんのりやクエン酸も同じような効果があります。

汚れが付きやすいと思っているのならば、鏡から浴槽、壁や床をコーティングしてみましょう。

ちょっと工夫するだけで変わります。

こまめに入浴後に水分を取り除くことも良いですが、コーティングも考えてみてください。

家にあるもので対応できるので、すぐにでも実践できるはずです。

お風呂に入った時にピカピカの鏡や浴槽の方が気持ちが良いと思いませんか。

汚れを落とした後の一工夫を行いましょう。

この工夫を習慣にするととても楽になります。