カルキは次亜塩素酸カルシウムと言う消毒作用のある薬品です。水の中にふくまれる病原菌を死滅させる働きがあります。金魚などを飼育する時にカルキ抜き剤を利用することがありますが、入れすぎには注意が必要です。

ウォータサーバーの飲み水ならメリットあります

カルキ抜き剤を入れすぎるとどうなる?お風呂や水槽などへの正しい使い方

カルキは金魚にとっては命に関わることがあるため、カルキ抜き剤を入れて無害になるようにします。

もし、入れすぎたとしても少量であれば問題にはなりません。

ただし、あまり過度に長期間入れすぎた状態が続くと、金魚も体調を崩します。

そのほかにも繁殖や産卵に悪影響になることもあります。

不安に感じたら水質チェックをして適正値を確認しましょう。

水槽にカルキ抜き剤が必要な理由と使い方

魚のいる水槽

カルキが含まれている水を水槽に入れたからと言ってすぐに影響が出るわけではありません。

まず、カルキがあると金魚にどのような影響があるかを知っておく必要があります。

カルキは消毒に使われる薬剤です。

水道水は人が飲む分には影響を受けない濃度に調整されているので問題ありません。

しかし、金魚などの魚類はエラで水を取り込み酸素を得ているので、塩素を取り込み強く影響を受けてしまいます。

結果として、抵抗力が弱まってダメージが蓄積します。

最悪の場合では、死んでしまうこともあります。

カルキ抜き剤を利用することで、濃度の心配がある場合には薬剤を使わない方法もあります。

カルキは放置しておくと抜くこともできます。

水道水をバケツなどにはって太陽光にさらしておいたり、ポリタンクにためておくだけでも十分に除去することができます。

問題は時間です。

カルキ抜き剤ならすぐに使えるようになりますが、太陽光などを利用する場合は1日から数日の時間が必要となります。

場所や時間が限られている人にとっては、カルキ抜き剤はとても便利です。

量をしっかりとしておけばすぐに水槽に使うことができます。

交換する時には、一度に全てを交換するのではなく半分ずつ交換すると金魚が環境の変化にさらされずに安心です。

100均で売られているものでも十分効果があります。

水道水のカルキの濃度は、一定ではありません。

その時々で含有量が異なります、濃度が高い時に調整した割合で続けていると入れすぎになる恐れもあります。

濃度が間違っていることは金魚に影響が出てからしかわかりません。

定期的に濃度を確認して適正な状態で使用期限内に使い切るように心がけましょう。

お風呂にカルキ抜き剤を使うときの注意事項

カルキは、人の体にも影響を及ぼすことがあります。

消毒剤であるカルキは、髪の毛や皮膚表面にダメージを与えて荒らしてしまう恐れがあります。

そのため、100均に売られているようなカルキ抜き剤を使って塩素を除去することでダメージを低減することができます。

カルキを抜くことで皮膚や髪の毛へのダメージを減らすことができますが、その分、消毒効果が得られません。

普段、カルキを含んだ水でお風呂の水を使っていた時には気にしませんでしたが、カルキ抜き剤を使うことで雑菌の繁殖を防ぐことができなくなります。

シャワー

そのため、浴室の掃除をしっかりしないとカビが繁殖しやすい環境になります。

掃除をするときはカルキを含んだ水を使った方が良いでしょう。

また、カルキを抜いた水は雑菌が湧きやすいので使用期限が短くなります。

一度浴槽に溜めたものは再利用をしない方がいいでしょう。

浴槽でのカルキ抜き剤の使い方は、そのまま入れるだけです。

浴槽の大きさによって量が変わってくるため、しっかりと計量して使いましょう。

ビタミンCなどをカルキ抜き剤として使ってカルキを除去するような方法には注意が必要です。

カルキを除去した水だけしか使えないと浴室の雑菌が湧きやすくなります。

人に使うときと掃除するときは使い分けが必要です。

シャワーなどに浄水機能がついている時には、切り替えて使えるようにするか、水道水がそのまま使える蛇口を一つ用意しておきましょう。

皮膚や髪に良いからといって雑菌だらけの浴室では意味がありません。

水道水にカルキが使われているのには理由があります。

全てを除去して良いわけではありません。