水は毎日飲むものですからできれば美味しく飲みたいものです。じつは、備長炭と煮沸でカルキ臭さを消し、おどろくほど美味しくすることができます。ですので興味があるのであれば試してみるのもいいでしょう。

ウォータサーバーの飲み水ならメリットあります

カルキ臭のする水は備長炭で解決!煮沸と合わせれば水道水がよりおいしくなる!

水道水に特有のカルキ臭を消すには備長炭が効果的といわれています。

備長炭を利用するだけでカルキ臭さが無くなり、さらに炭に含まれるミネラル分が溶けだしてまろやかな味になります。

水分の吸収もたすけるので飲みやすい水に変わります。

備長炭を使えば、料理や飲み物などに使う水がかなり綺麗になりグレードの高い水になります。

水をおいしくしてくれる備長炭の秘密

備長炭

備長炭がどうしていやなカルキの臭いをとりのぞいたり、美味しくしてくれるのかというと、備長炭にはとても小さな穴が無数に空いているので、この穴を水道水が通過することで、フィルターのような効果があって浄化されるというわけです。

炭には強力な吸着力が備わっていて、水道水の塩素や有機物を吸収します。

また、備長炭から溶け出すミネラル分も大きな特徴です。

ただしミネラル分は何度も繰り返して利用していると、徐々になくなっていきます。

備長炭には昔からろ過能力があるといわれていて、人々の間で愛用されてきました。

備長炭が本来もっている水を浄化する性質は、何度も繰り返し使っても簡単には失われることはありません。

その本来の効果を充分に発揮させるためにも、週に1回か2回くらい綺麗に洗って穴に付着した物質をとり除くようにしましょう。

いわゆる「普通の炭」とどのような違いがあるのか、という声もよく聞かれますが、備長炭の場合、普通の炭よりも穴がより微小なのが特徴です。

また備長炭のほうが普通の炭よりも硬さがあり、耐久性があるので、何度も使用することができます。

ほかにも、備長炭以外では、竹炭も水道水を綺麗にするのに効果的といわれています。

どこに売っているかについては、備長炭も竹炭もホームセンターやスポーツショップのアウトドアコーナーなどで置いてあることが多いようです。

ネットショップだと送料がかかりますが、家にいながらたくさんの種類からさがすことができます。

購入した後は、使用する前に一度煮沸しておくといいでしょう。

もちろんその後に綺麗に洗ってしっかりと乾かして使用します。

備長炭で手軽に美味しい水が作れる

備長炭で綺麗になったお水のイメージ

備長炭を使用した美味しい水の作り方は、まず口の広い容器を用意します。

材質はステンレスやホウロウ、陶器などがおすすめです。

約1リットルに対して、2本ほどを目安として鍋の中に入れて1昼夜から2昼夜おきます。

口に栓のできるボトルなどは塩素の揮発を邪魔してしまうので避けたほうがいいでしょう。

そうしてできた水は、飲料用や料理用、氷作りなどに最適です。

あまった水はポットに入れて、必ず冷蔵庫で保管します。

ポットの中に備長炭を入れておくと、なおよいでしょう。

さらに美味しくしたいと思っているのでしたら、一度水道水を煮沸してから利用すると完璧です。

水道水は煮沸すれば、ある程度は塩素が抜けるといわれていますが、それでもカルキの臭いが残ってしまうことがあります。

ですので備長炭ろ過を併用することで、不純物のほぼ入っていない純水に近い水を作ることができるのです。

ひとつ注意しておくこととしては、備長炭で塩素のなくなった水は、カルキ臭なく美味しく飲めるようになる一方で、いたみやすくなるという欠点もあるので、なるべく1日か2日くらいのうちに飲みきるようにしましょう。

作り方さえ知っておけば、いつでも手軽に美味しい水を作ることができます。

備長炭は、繰り返し何度も使用することができるので、お財布にも優しいといえます。

ただし効果は永久的にというわけではなく、だいたい吸着効果は3ヵ月から半年ほどで薄れてきます。

ですので、定期的に煮沸再生処理をおこない、時期がきたら新しいものに取り換えるようにするのが、上手な備長炭とのつきあい方といえるでしょう。